目が疲れて肩こりや頭痛の症状になる場合

目が疲れて肩こりや頭痛の症状になる場合

シャンプーで洗髪をしている時にマッサージをすることで、シャンプーで抵抗を減らしてマッサージをすることができるようになります。ですので、頭皮への負担も軽減されますし、目の疲れを解消しやすくすることができるのです。シャンプーで洗っている時に5分程度マッサージをするようにしてみてください。

 

普段からパソコンなどをしていて、常に目が疲れてしまっている状態になってしまっているという人は、お風呂などのように目をあまり使わない環境の時にしっかりケアをするようにした方がいいでしょう。お風呂だと、リラックスした状態になっていますから、副交感神経も働きやすくなりますのでおすすめです。

 

洗髪をしている時に結構力を入れて髪を洗っているという人も結構いるのではないでしょうか?頭皮が固くなってしまっている上に、力を入れて洗髪をしていると、それだけ毛髪にダメージを与えてしまい、抜け毛が多くなってしまいますから優しく髪を洗うようにしましょう。

 

髪を洗う時にマッサージをしようと思っていたのについつい忘れてしまうという人もいるのではないでしょうか?このような場合は、マッサージをするついでにシャンプーをするのだという意識を持っておけば、マッサージをし忘れなくなるでしょう。

 

眼精疲労が現れ始めた頃に、私も頭皮マッサージをするように意識をしていたのですが、だんだん忘れてしまっていたり、面倒になってしまっていたりしたことがあります。途中でマッサージをしなくなってしまったため、相当頭皮が固くなってしまって、改善をするのに苦労してしまいました。

 

私の場合は眼精疲労だけではなく、眼瞼下垂までしていましたので、通常と比べると相当頭皮が固くなってしまっています。少々の疲れ目に悩んでいた頃も、眼はかなり疲れてしまっていましたが、今のように頭皮が固くなってしまうということはありませんでした。

 

ですから、頭皮が昔よりもかなり硬くなっていると感じるのであれば、眼精疲労がかなり進行してしまっているのかもしれません。パソコンを使っている時に吐き気の症状が出てしまうということは以前からありましたが、それでも頭皮が固くなるということはありませんでした。