スマホ老眼とは

スマホ老眼とは

「老眼」の症状を自覚するのは45歳がピークと言います。ここ数年20−30代の若い層が「近くのものにピントが合わずぼやける」「手元の文字が見づらい」といった老眼と同じ症状でメガネ店や眼科を訪れるケースが増えています。特にスマートフォン(以下スマホ)を長時間使う年代にこういった症状がみられることから「スマホ老眼」というようになってきました。

 

スマホ老眼とは、眼の調整力が下がっている状態。

 

遠くを見るとき
眼のいい人は普通に見え、悪い人もメガネやコンタクトで見えます。

 

スマホを見るとき
近くにピントがあわず、スマホもはっきり見えません。

 

近くにピントを合わせるとき
眼の中の水晶体というレンズを膨らませ、ピント合わせ(調節)をします。

 

スマホを長時間見続けるのは、水晶体を膨らませ続けるので疲れ、近くでピントがあったままだと急には戻らなくなることがあります。例えば目線をスマホから外した時、一瞬遠くが見づらいと感じます。このように調節緊張の状態が続くと、調整力が低下し近くも見づらくなるというのが、「スマホ老眼」なのです。

 

眼筋の均衡が崩れる
眼には6本の外眼筋という筋肉があります。左右がバランスよく協力して働いていればいいのですが、この均衡が崩れると眼精疲労やものが二つに見えたり、立体感や遠近感が合わないという症状が起こります。

 

「スマホ老眼」と「老眼」の違い
「老眼」は加齢で目の調整つき脳が衰え、近くにピントが合いにくくなることです。遠視や近視は眼軸の長さと水晶体や角膜の屈折力が関わる屈折異常なので、老眼とは別の症状です。かたや「スマホ老眼」は近距離のスマホを見続けることで、目の筋肉が緊張する状態が続いてピント調節が効かなくなることを言います。一時的ではありますが、繰り返すうちに重症化する場合もあり注意が必要です。

 

パソコンよりもスマホが危ぶまれる訳
ここ数年タブレットやパソコン、スマホなどのモニターを見続けることで目の不調や疾病を引き起こすVDT症候群が注目されています。厚生労働省の調査によると、コンピューターを使用する労働者の約9割が目の不調を訴えていると言います。パソコンよりもスマホが危ぶまれるのは、画面と文字の小ささが目の負担を大きくしているからです。勤務中は外回りでメールチェック、仕事終わりでSNSやメール、ゲーム、情報収集など1日中スマホを見続ける世代も多いので、注意が必要です。