コンタクトレンズと老眼

コンタクトレンズと老眼

コンタクトレンズを使っている方が45歳近くになると「近くが見えづらい」と言われることが多くなります。これは老視(老眼)が始まっているためです。

 

コンタクトレンズで近視、乱視や遠視を矯正すると、見かけ上は正視(遠視や近視のない目)になります。正視では、近くを見るときそのままだとピントが合いませんが、目の中の毛様体という筋肉を伸び縮みさせて水晶体の厚みを増やすと、屈折力が上がってピントが合います。これを調整と呼び、実は年齢に合わせてこの力がだんだん落ちてきます。

 

45歳前後は最大でも30cm前後しかピントが合わず、55歳で70cm-1m、65歳で全くピントが合わない(遠くのみピントが合う)ようになります。そうなると老眼は完成し、それ以上は進みません。こうなるとピントが合わない分のみ外から凸レンズで補い屈折力を上げないといけません。

 

正視では凸レンズですが、中等度以上の近視ではもとから強い凹レンズを使うので、打ち消しあい弱い凹レンズが要ります。もとから裸眼で30cmあたりが見える軽度近視だと、裸眼でちょうど近くが見えて老眼鏡が要らないこともあり、これを「便利な近視」とも呼びます。

 

このように考えると、近視でコンタクトレンズを作った人が老視になるとなかなかややこしいことになるのはご想像の通りです。そのままでは近くは見えないので、色々な方法があります。

 

1コンタクトレンズの上から近くを見るときのみ老眼鏡をかける
2コンタクトレンズを弱めにし、遠方を犠牲にして近くを見やすくする
3遠近両用のコンタクトレンズ(ソフト系、ハード系双方あり)を使う
4片眼を遠くに(近視を強く)、もう片眼を近く(近視を弱く)に合わせる(モノビジョン)
5コンタクトレンズを止め、遠近両用のメガネにする

 

詳しくは主治医に相談するとより安心です。